2010年05月28日

<国交省>発注先の公益法人を提訴へ ずさん道路調査で損害(毎日新聞)

 道路陥没の危険性を調べる国土交通省発注の路面下空洞調査業務(08年度)を巡り、受注した財団法人「道路保全技術センター」(東京都)の調査がずさんで国が損害を被ったとして、国交省がセンターを相手取り、今夏までに損害賠償請求を起こす方針を決めた。25日の事業仕分けで、国交省が明らかにした。所管省庁が発注先の公益法人を相手取り訴訟を起こすのは異例。

 路面下空洞調査は一般国道459路線(総延長約2万1760キロ)を対象に、陥没事故を防止するためにレーダー探査などで空洞を発見する業務。08年度16件約6億6000万円発注され、同センターは11件約5億4000万円を受注したが、国交省が第三者委員会を設けて再検証したところ、10件約4億5000万円分で空洞の見逃しなどが判明した。

 国交省によると、センターが受注した633キロのうち約2割の119キロを再検証しただけで、空洞が113カ所見逃されており、うち88カ所は早期補修が必要なため補修を行った。損害賠償の請求額は、08年度分の約4億5000万円に検証などの費用を上乗せしたものになるといい、発注元の8地方整備局で瑕疵(かし)の程度を精査しているという。

 センターは今年2月から指名停止になった。前原誠司国交相は3年以内にセンターを解散させる方針を決めている。【石原聖】

【関連ニュース】
国交省:成長戦略会議 優先実施14項目の提言を提出
国交省:羽田のハブ化強化 発着枠9万回へ 成長戦略素案
高速無料化:CO2は…減るの?増えるの? 国交省と環境省の試算、正反対
国交省:成長戦略素案 国際便発着計画拡大、6万回から9万回 ハブ化へ、羽田強化
熊本・トレーラー横転:迎町交差点、改めて検証 事故受け、国交省と県警など /熊本

陛下、恒例のお田植え(産経新聞)
<サクランボ>4年ぶり豊作 山形県の対策推進協予測(毎日新聞)
サイバー選挙戦へ準備着々 ネット業界「解禁」見込みサービス充実(産経新聞)
<郵便不正>村木被告無罪の公算大 元部下の供述調書不採用(毎日新聞)
<不同意堕胎>小林容疑者「結婚控えて流産させた」(毎日新聞)
posted by ミサワ マモル at 18:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。