2010年06月11日

横浜・弁護士刺殺、犯行現場にスタンガン(読売新聞)

 横浜市中区の横浜みらい法律事務所で弁護士の前野義広さん(42)が刺殺された事件で、犯人の男が持ち込んだと見られるスタンガンが現場に残されていたことが8日、捜査関係者への取材でわかった。

 神奈川県警は、男が明確な殺意をもって事務所を訪れたとの見方を強めている。

 発表などによると、前野さんは2日午後、事務所に面会の予約を取らずに訪れた男と争いになり、胸などを刺されて死亡した。男は、事務所に来た際に黒いリュックサックを持っており、県警は、刃物やスタンガンなどを隠し持っていた可能性が高いとみている。

 前野さんが業務で相談を受けていた案件に関して、事務所の資料に名前があった男性の所在が事件直後から分からなくなっており、県警は、事件との関連を慎重に捜査している。

私はクリーンと枝野氏、でも小沢氏への配慮も(読売新聞)
<弁護士殺害>資料に名前の男性、行方不明に 横浜(毎日新聞)
火災 早朝の商店街で4棟焼く 久留米、4時間後鎮火(毎日新聞)
<新聞>「読んでいる」91% 協会調査(毎日新聞)
今後の医師養成、秋以降に検討−必要数調査踏まえ(医療介護CBニュース)
posted by ミサワ マモル at 12:26| Comment(21) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

5人乗りボートが防波堤に衝突、1人重傷(読売新聞)

 29日午前3時25分頃、青森市柳川の青森港で、プレジャーボートが、沖合約1・5キロにある防波堤に衝突し、乗っていた男性5人のうち、少なくとも1人が骨折などの重傷を負ったが、全員命に別条はないという。

 青森海上保安部によると、ボートは、釣りをするために午前3時10分頃に同港を出港し、直後に防波堤にぶつかった。

 船首部分が破損して浸水し、所有者兼船長の小山内(おさない)哲人さん(52)ら5人は、同海保の巡視艇などに救助され、市内の病院に搬送された。

 事故当時、海は荒れておらず、同海保で原因を調べている。

九電工中傷ビラで組員逮捕、九州誠道会捜索(読売新聞)
老齢加算廃止、2審も合憲(産経新聞)
<普天間問題>自民、不信任案提出へ(毎日新聞)
長崎・平戸漁船沈没 「追い波」減速せず転覆 巻き網船構造も一因 (産経新聞)
仕分け人痛烈宣告!「天下り」「ムダ遣い」改善がなければ宝くじ売るな(スポーツ報知)
posted by ミサワ マモル at 16:26| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。