2010年05月01日

高速新料金「首相が決めること」=小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は26日午後、党本部で記者会見し、高速道路の新たな料金制度の見直しについて「最終的には政府、突き詰めて言えば首相が決定することだ」と述べ、鳩山由紀夫首相の対応を見守る考えを示した。
 国土交通省が先に発表した同制度をめぐっては、小沢氏の政府・民主党首脳会議での提起を受け、首相は見直す考えを表明したが、前原誠司国土交通相が反発。国会での関連法案の審議を踏まえ、見直しの是非を判断することになった経緯がある。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】渋滞はなぜ起こる?対策は?
【Off Time】街ある記-富山県魚津
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

米兵家族の少年ら3人逮捕=タクシー強盗容疑−沖縄県警(時事通信)
作家、詩人の片岡繁男氏死去(時事通信)
鳩山首相 「ぶら下がり」やめたい 周囲に意向(毎日新聞)
ネット選挙解禁へ協議機関=与野党(時事通信)
【Web】永田町なうIII 普天間基地問題を議論 「首相辞職すべき」9割(産経新聞)
posted by ミサワ マモル at 02:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。